パーテーションを導入して会議室ができました

段違いのパーテーションでオフィスを区切ることについて

オフィスが狭く貸し会議室を利用していたパーテーションを使う案を聞いて検討パーテーションで会議室ができた段違いのパーテーションでオフィスを区切ることについて

私の会社は少人数の中小企業で、少し広いワンフロアを仕事場にしています。色々な事をする時にその場で話し合って決められるのが少人数のいい所なのですが、同じ感じだとマンネリ化した感じがするので、オフィスの模様替えをやろうという事になりました。若い社長も乗り気で少し経費をつかってもいいと言ってくれたので、新たにパーテーションを購入してフロアの仕切り方を変えてみる事にしました。 問題になってのが、せっかくだから他ではあまりやっていないやり方で仕事の効率が上がる方法が無いかについて、少人数ですが全社員で話し合いをした所、他の会社の何処のオフィスに行ってもパーテーションの高さが同じでなんだか味気ないので、いっその事高さの違うパーテーションを色々と組み合わせて見てはという結論になりました。結構遊びの要素が入って楽しく準備をしていきましたが、やっていくうちになんだか何処かのテーマパークの様にフロアの中央に高いパーテーションを集中させて火山のようにいて段々と高さを低くしていく事に決まりました。やってみると結構起伏があって見た目にも面白い形式になりました。もちろん高さの階層ごとに担当部署を決めてひと目でどこにどの部署があるというのが分かるようにしました。毎日会社に行く楽しみが増えました。

事務所に会議室と移動式パーテーションができました。2ヶ月くらいかけて、練って作った設計です。イベントや会合の規模によって壁の位置を変えられつつ、機密性のある小部屋を設置することで、オープンとクローズを同時追求した可変性のある空間です! http://t.co/kU4hQ92g8p

— 山内康裕@10/2マンガナイトBOOKSオープン (@y_yamauchi) 2013年9月20日